DSC_0951.JPG

SOKOAGE CAMP

NEWS

私にとって一番大きかったのは、

自分は何がしたいのか、どうなりたいのかについて考える機会を持てたこと。

そして自分が漠然と考えていることや感じたことを言葉にするのに慣れたこと。

 

CAMPに参加した大学生が語ってくれた言葉です。

忙しい日常の中で、何を考え、どう動いていくのか。考える時間はありますか?

このプログラムでは心の奥にしまってある言葉を見つけるための

きっかけをたくさん用意しています。

合宿生活の中で、徹底的に自分と向き合い、対話する。

新しい価値観にふれあい、視野を広げる。

就職してもいい、留学してもいい、夢を追いかけてももちろんいい。

 

大切なのは自分がどうしたいのか。

 

長い、新しい旅の始まりです。

さあ、考えているだけの時間はもう終わり。

ゆっくりすすめ。

あなたの参加を待っています。

かきかき.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
 

SOKOAGE CAMP?

LOVE THE LIFE YOU LIVE.
LIVE THE LIFE YOU LOVE.

BOB MARLEY

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。ボブ・マーリー

841762d314df5b7cd15fdffb3c.png
841762d314df5b7cd15fdffb3c.png

SOKOAGE CAMPは合宿を主軸として

自己を見つめ変化させる1年間の対話型プログラムです

自分の想いや理想を言語化する​

対話やワークショップを混ぜながら、

参加者に合わせて独自のノウハウによりプログラムは進みます。

SOKOAGECAMPプログラムの様子
SOKOAGECAMPプログラムの様子

疲れたらふらっと外へ 

気持ちの向くまま、自由に過ごすことができます。ときにはふらりと自然の中へ…​こんな贅沢な休み方も。

自分の想いが可視化される

作業を繰り返しながら、あっという間の合宿生活。それぞれの想いを胸にそれぞれの生活に戻っていきます。

SOKOAGECAMPプログラムの様子
SOKOAGECAMP気仙沼の景色

1年の始まりは、 対話を中心とした合宿です

はじめの合宿で何か答えを得るのではなく

(答えはつねに自分の中にあります!)

答えを導くための方法を学びます。

 

残念ながら誰かが答えを持っているのではありません。

STAFF

 

PLANNING STAFF / FACILITATOR

2009年中央大学理工学部卒、一般企業に入社、その後オーストラリアに留学し帰国後に東日本大震災が発災し気仙沼入り。底上げを矢部成宮とともに創設。2013年から1年半海外を放浪。アジア、中東、北米16カ国をまわる。ヒマラヤをスニーカで登り、カナダではパイロットのライセンス取得に向け多額の費用を投じたが、取れずに帰国。2014年12月に帰国後底上げに復帰。「底上げを通じ、豊かに生きる人が増える」ことを目指し活動中。

インタビュー記事を読む
IMG_3818.png

1983年生まれ。二児の父。高校卒業後、一年間オーストラリア留学。その後、早稲田大学文化構想学部入学(23歳入学27歳卒業)。環境問題を訴えママチャリ日本縦断など、社会問題の喚起に奔走する。東日本大震災以降、就職予定だった会社の内定を辞退し気仙沼での活動を開始。気仙沼を拠点としたNPO法人「底上げ」を創設。「東北には若い力が本当に必要だ!」と感じ若者の想いが形になるような仕組みを構築中。

インタビュー記事を読む
矢部さんフォント.png

立教大学卒業後、埼玉の児童養護施設で児童指導員として勤務。その後転職を何回かしている中で、2011年3月11日、東日本大震災が発生し、気仙沼にボランティアとして訪れる。2ヶ月半テント生活をしながらハード面の作業などを行う。もっと自分にもできることがあるのではと思い、そのまま移住を決意し。矢部、斉藤と底上げを立ち上げ、現在に至る。中高生の探究的な学びのサポートやマイプロジェクトの推進、学びや対話の場づくりを通して世代問わず全ての市民がチャレンジし、応援し合う町の機運の醸成を行なっている。

インタビュー記事を読む
なるさんフォント.png
姫フォント.png

横浜市立大学商学部在学中1年間休学し、アジア一人旅、モンゴルへの植林ツアー等に参加し「社会を良くするお金の循環」に興味を持つ。大学卒業後、非営利の金融機関に入職。2011年3月末に退職し地元である仙台に震災後Uターン。復興支援団体向けに助成事業を提供する財団での勤務を経て2016年より底上げに参画。若者が新しい事にチャレンジできる意欲と環境の醸成が東北をより良くすると信じて活動中。

インタビュー記事を読む

宮城県仙台市出身。中学校の社会の教員を目指し、2017年3年に宮城教育大学入学。大学4年次に宮城県の子どもの居場所づくりを行う団体を立ち上げ、5年かけて大学を卒業する。2022年4月より底上げに参画。子どもたちや大学生、若者と幸せや希望、生きる喜びが溢れるそれぞれの人生と社会をつくることを目指し、奔走している。

IMG_0642.jpg

1999年生まれ。山形県山形市出身。高校生での地域活動を通じて、地域でもっと学びたいと思い、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科に入学。大学1年時に福島県楢葉町への1か月インターンを経て、福島浜通りと出会う。2022年4月より、底上げに入り、福島浜通りで過ごす子どもたちや取り巻く地域の大人たちが豊かで今よりも少しだけ楽しく暮らせるような居場所づくりを目指し活動中。

インタビュー記事を読む
りょりょ文字-01_edited.png

開 催 地 域

 
開催地庄内地域の景色
開催地庄内地域の景色

press to zoom
開催地庄内地域の景色
開催地庄内地域の景色

press to zoom
開催地庄内地域の景色
開催地庄内地域の景色

press to zoom
開催地庄内地域の景色
開催地庄内地域の景色

press to zoom
1/5

庄内地域(山形県)

山形県の西側、山海に囲まれ、最上川と庄内平野を擁する庄内は、自然と人間の暮らしがちょうどよく溶け合った地域です。自然の恵みを生かした豊かな食文化と、自然を尊ぶ精神文化が、広大な地域全体で守り継がれているのが庄内の特徴です。山中で修行し気づきを得ることを目指す「修験道」の山伏修行や、「現在・過去・未来」を象徴する「羽黒山・月山・湯殿山」を巡る中で自己を見つめなおす『出羽三山の生まれかわりの旅』など、自然を通して自分と向き

合う伝統が今も残っています。

この場所には、時に厳しい自然

のような人生を、生き抜く手が

かりがあると思います。

ゆるりと巡る自然と人間の歴史

を傍らに、ゆっくり自分を見つ

めてみませんか?

山形県庄内地域の地域コーディネーター

地域コーディネーター

難波竜次・阿部優美・伊藤大貴

有壁(宮城県栗原市)

宮城県北にある栗原市。その中でも岩手県境ギリギリの位置にある有壁。鎌倉時代の義経に関わる伝説や、奥州街道が通り江戸時代には宿場町として栄えた歴史文化残る地域です。
その当時、宿場が忙しいときに地域の人みんなで助け合う「助郷」という制度がありました。今でもその心が残り、みんなで助け合いながら暮らしを営んでいます。今回のキャンプでは、そんな歴史文化残る有壁で過ごしながら、自分の事を深く考える時間をお届けできたら良いなと思っています。また、地域の方と   

関わる時間を少し設けられたらと思っています。
                キャンプは8月下旬、夏の青  

                  い空と緑豊かな田園風 

                  景、地域で採れた美味 

                   しい野菜を使ったホ

                  カホカごはん。有壁に

                  来てよかったな、また

                 行きたいなと思って頂け

                 る時間を一緒に作ってい   

                 きたいです!

栗原市 有壁1
栗原市 有壁1

press to zoom
栗原市 有壁2
栗原市 有壁2

press to zoom
栗原市 有壁3
栗原市 有壁3

press to zoom
栗原市 有壁1
栗原市 有壁1

press to zoom
1/5
有壁-さとうまい-プロフィール写真-横.jpg

地域コーディネーター

       佐藤真生

DSC_1007
DSC_1007

press to zoom
DSC_0230
DSC_0230

press to zoom
DSC_0038
DSC_0038

press to zoom
DSC_1007
DSC_1007

press to zoom
1/5

気仙沼(宮城県)

 海と山に囲まれた、宮城県の最北端に位置するまちです。2011年に底上げスタッフが現地に入り活動を続けてきた中で、2016年にSOKOAGE CAMPが生まれました。自分の生き方を内省し、他者と語り合う中で大切なものを見つけていく。そんな時間を5年間続けていました。コロナ禍における影響で、2年間実施をお休みし、その間SOKOAGECAMP自身もその存在意義を見つめ直していました。

 そして2022年夏、いよいよ気仙沼でのSOKOAGECAMPを再開します。「あたりまえ」のものが一瞬に削ぎ落とされ、たくさんの人たちが「生きること」を問い

直したまちでは、いま、新しいチ

ャレンジがたくさん生まれて

います。人と人が助け合い、

背中を押し合いながら変わり

続けているこのまちで、わた

したちも日々、良い人生のあ

り方を探求しています。

インタビュー扉_edited.jpg

気仙沼CAMPスタッフ           

   斉藤祐輔・中野柊一郎

DSC_0923.JPG
 

​進みたい君へ

​参加者の声

集まる参加者は

学年も、大学もバラバラ。

得られる気づきも

みんな違う。

参加者の声を

聞いてみませんか?​

SPECIAL MOVIE

うめ白.png

​申し込み

 

庄内(山形県)

​有壁(宮城県栗原市)

​気仙沼(宮城県)

開催場所

​山形県庄内地域

日程

8月22日(月)〜8月27日(土) 5泊6日

料金

55,000円(税込)

 

料金に含まれるもの

プログラム費・滞在費

※集合場所までの交通費、解散場所からの交通費は含まれません。

※プログラム中の外食費は別途必要です。

対象者

大学生(短大・専門学校含)

​※学生以外で参加希望の方は、ご相談ください

開催場所

宮城県栗原市有壁地区

日程

8月26日(金)〜8月31日(水) 5泊6日

料金

55,000円(税込)

料金に含まれるもの

プログラム費・滞在費

※集合場所までの交通費、解散場所からの交通費は含まれません。

※プログラム中の外食費は別途必要です。

対象者

大学生(短大・専門学校含)

​※学生以外で参加希望の方は、ご相談ください

開催場所

宮城県気仙沼市

日程

9月7日(水)〜9月12日(月) 5泊6日

料金

55,000円(税込)

料金に含まれるもの

プログラム費・滞在費

※集合場所までの交通費、解散場所からの交通費は含まれません。

※プログラム中の外食費は別途必要です。

対象者

大学生(短大・専門学校含)

​※学生以外で参加希望の方は、ご相談ください

集合場所/時間

JR酒田駅 8月22日(水)13時30分

 

解散場所/時間

JR酒田駅 8月27日(水)15時00分

 

持ち物

着替え(現地で洗濯可能)、筆記用具、他 ※詳細は事前研修の際にお伝えします。

 

事前研修

8月8日(月)20:00〜21:00

オンラインにて実施します。

集合場所/時間

JR有壁駅 8月26日(金)14時30分

解散場所/時間

JR有壁駅 8月31日(水)14時30分

持ち物

着替え(現地で洗濯可能)、筆記用具、他 ※詳細は事前研修の際にお伝えします。

事前研修

8月10日(水)20:00〜21:30

オンラインにて実施します。

集合場所/時間

JR気仙沼駅 9月7日(火)14時15分

 

解散場所/時間

JR気仙沼駅 9月12日(日)16時00分

 

持ち物

着替え(現地で洗濯可能)、筆記用具、他 ※詳細は事前研修の際にお伝えします。

 

事前研修

8月29日(月)20:00〜21:30

オンラインにて実施します。

概要

募集人数

各地域8名程度

※先着順となります。

募集締め切り

庄内・有壁:2022年8月7日(日)期間延長!

気仙沼:2022年8月21日(日)

※定員に達し次第募集締め切りとなります。

※定員に達した場合はキャンセル待ちとなります。

​事後研修+1年間のフォローアップ

参加後、1年間のフォローアップを実施します。(実施内容は参加次にお伝えします)
その他、参加者交流会を開催予定です。

キャンセルポリシー【重要】

・入金前キャンセル

⇒料金は発生しません

・参加費入金後、キャンプ開催7日前まで⇒50%の返金

・参加費入金後、キャンプ開催6日前から当日までのキャンセル

⇒返金できません


※注意※
申し込みフォーム送信後1週間以内に振込が確認されない場合、自動的にキャンセルになりますのでご注意ください。
入金後はキャンセル料が発生しますので、キャンセルポリシーをよくご確認下さい。

新型コロナウイルス感染拡大への対応について【重要】

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、SOKOAGE CAMPの開催につきましても、参加者の安心安全を第一に考慮し以下の様に判断する事と致しました。
▶開催自治体を指定区域とする、緊急事態宣言またはまん防が発令された場合、その実施日程がSOKOAGE CAMPの開催日程と重なる場合には、開催を延期または中止とします。
▶参加者の居住する地域を指定区域とする緊急事態宣言が発令された場合には参加をご遠慮いただきます。
▶プログラムの中止や延期、または新型コロナウイルスの感染拡大に伴う参加の見送りについては、全額返金にて対応いたします。
▶緊急事態宣言やまん防の発令の有無に関わらず、参加者、スタッフ、地域コーディネーターは全員開催10日前からの健康観察と、開催日直前の簡易抗原検査(またはPCR検査)を実施し、感染対策を充分に行った上で、プログラムを実施いたします。

 

​説明会

​『SOKOAGE CAMPって何をするところ?』
​過去参加者と、スタッフでゆるゆるとSOKOAGE CAMPについて語ります!
​そもそも、SOKOAGE CAMPってなんなのか。このCAMPに参加したらどんなものを持ち帰れるのか。
過去の参加者(キャンパー)に聞いてみました!
2022/07/14  20:00-21:00  @Youtube

1

​『インスタライブ SOKOAGE CAMP×えんぶらり』
Instagramが苦手なスタッフ達ですが…インスタライブを行います!
​大学生サークルえんぶらりさんとコラボをしながら、ゆるゆるとスタッフのことを知ってもらえる会になる予定です。暖かく見守ってください!
2022/07/16  18:00-19:00  @Instagram

2

​『20代のうちにやるべき3つのことを決める会議』
​震災後から岩手県宮古市で活動するみやっこベースの早川さんと、気仙沼で活動し、SOKOAGE CAMPをつくる矢部が、とにかく話したいことを話す会議。皆さんとの対話も交えつつ、20代のうちにやるべき3つのことを決めていきます!
2022/07/19  20:00-21:30  @ZOOM

3

​『SOKOAGE CAMP2022夏~3地域合同説明会~』
​この夏は、山形県庄内地域、宮城県栗原市有壁地区、宮城県気仙沼市の3地域でSOKOAGE CAMPを開催します。この3地域は、風景も出会える人もさまざま。それぞれの特徴、特色をゆっくり感じる説明会を開催します!​
2022/07/21  19:00-20:00  @ZOOM

4

​『自己を見つめ変化させる方法とは?
          ~SOKOAGE CAMPワーク大全集~』
​SOKOAGE CAMPの5泊6日の中で、いくつかワークをしたりします。過去にはどんなワークがあったのか、少しだけ覗いたり、体験できる説明会です。
2022/07/27  19:00-20:30  @ZOOM

5

​『SOKOAGE CAMP2022夏説明会〜大事な人のために〜』
​庄内、有壁の申し込み期間を延長しました!今までSOKOAGE CAMP気になってるけど参加できなかった全てのみなさんへ、最後の説明会です。勇気が出なかった人も、今回は参加できないかもしれない人も、どんな人でもお待ちしています!
2022/08/06  19:00-20:00  @ZOOM

6