SOKOAGE CAMP

NEWS

私にとって一番大きかったのは、

自分は何がしたいのか、どうなりたいのかについて考える機会を持てたこと。

そして自分が漠然と考えていることや感じたことを言葉にするのに慣れたこと。

 

CAMPに参加した大学生が語ってくれた言葉です。

忙しい日常の中で、何を考え、どう動いていくのか。考える時間はありますか?

このプログラムでは心の奥にしまってある言葉を見つけるための

きっかけをたくさん用意しています。

6日間の合宿生活の中で、徹底的に自分と向き合い、対話する。

新しい価値観にふれあい、視野を広げる。

就職してもいい、留学してもいい、夢を追いかけてももちろんいい。

 

大切なのは自分がどうしたいのか。

 

長い、新しい旅の始まりです。

さあ、考えているだけの時間はもう終わり。

ゆっくりすすめ。

あなたの参加を待っています。

かきかき.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
ぴかぴか.png
 

SOKOAGE CAMP?

LOVE THE LIFE YOU LIVE.
LIVE THE LIFE YOU LOVE.

BOB MARLEY

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。ボブ・マーリー

841762d314df5b7cd15fdffb3c.png
841762d314df5b7cd15fdffb3c.png

SOKOAGE CAMPは合宿を主軸として

自己を見つめ変化させる1年間の対話型プログラムです

​1年の始まりは「気仙沼」での
6日間の合宿です

「あたりまえ」のものが一瞬に削ぎ落とされ、

価値観が大きく変わった場所です。

その土地でプログラムを実施することが

貴重な経験をもたらすと考えています。

はじめの合宿で何か答えを得るのではなく
(答えはつねに自分の中にあります!)
答えを導くための方法を学びます。
残念ながら誰かが答えを持っているのではありません。
​1年の始まりは「気仙沼」での
6日間の合宿です

「あたりまえ」のものが一瞬に削ぎ落とされ、

価値観が大きく変わった場所です。

その土地でプログラムを実施することが

貴重な経験をもたらすと考えています。

はじめの合宿で何か答えを得るのではなく
(答えはつねに自分の中にあります!)
答えを導くための方法を学びます。
残念ながら誰かが答えを持っているのではありません。

メイン会場は廃校

木造二階建ての廃校の一室を使って、

チームを作りプログラムを進めます。

自分の想いや理想を言語化する​

対話やワークショップを混ぜながら、

参加者に合わせて独自のノウハウによりプログラムは進みます。

疲れたらふらっと海へ 

気仙沼は自然があふれる綺麗なまち。

​こんな贅沢な休み方もできます。

自分の想いが可視化される

作業を繰り返しながら、あっという間の6日間。それぞれの想いを胸にそれぞれの生活に戻っていきます。

STAFF

 

PPLANNING STAFF / FACILITATOR

2009年中央大学理工学部卒、株式会社JTBワールドバケーションズ入社後、震災後気仙沼入り。底上げを矢部とともに創設。2013年から1年半海外を放浪。ガイドブックを持たずアジア、中東、北米16カ国をまわる。ヒマラヤをスニーカで登り、カナダではパイロットのライセンス取得に向け多額の費用を投じたが、取れずに帰国。2014年12月に帰国後底上げに復帰。「底上げを通じ、豊かに生きる人が増える」ことを目指し活動中。

インタビュー記事を読む
IMG_3818.png

1983年生まれ。一児の父。高校卒業後、一年間オーストラリア留学。その後、早稲田大学文化構想学部入学(23歳入学27歳卒業)。環境問題を訴えママチャリ日本縦断など、社会問題の喚起に奔走する。東日本大震災以降、就職予定だった会社の内定を辞退し気仙沼での活動を開始。気仙沼を拠点としたNPO法人「底上げ」を創設。「東北には若い力が本当に必要だ!」と感じ若者の想いが形になるような仕組みを構築中。

インタビュー記事を読む
矢部さんフォント.png

立教大学コミュニティ福祉学科卒業後、埼玉の児童養護施設で勤務。その後飲食店に転職後、東日本大震災後、2011年8月にボランティアとして気仙沼に入り、約2ヶ月半テント生活をしながらハード面の作業などを行う。そのまま気仙沼に移住し、底上げを設立する。現在は、高校生の「やりたい」に寄り添うことを中心に、市内の様々なコミュニティやまちづくりに関わっている。

インタビュー記事を読む
なるさんフォント.png

横浜市立大学商学部在学中1年間休学し、アジア一人旅、モンゴルへの植林ツアー等に参加し「社会を良くするお金の循環」に興味を持つ。大学卒業後、非営利の金融機関に入職。2011年3月末に退職し地元である仙台に震災後Uターン。復興支援団体向けに助成事業を提供する財団での勤務を経て2016年より底上げに参画。若者が新しい事にチャレンジできる意欲と環境の醸成が東北をより良くすると信じて活動中。

インタビュー記事を読む
姫フォント.png

1993年生まれ。山形県鶴岡市旧朝日村出身。小学校6年生で平成の大合併を経験。故郷の変化を体感し以降地域に興味をもつ。山形大学在学中に地域と学生をつなげる団体を設立。若者の地域活動による可能性を感じるも、想いだけでは継続的な変化は起こせないと考え、ビジネスを知るために東京のITベンチャーに就職。2年間働いた後、自分自身は山形で仕事をしたいとUターンし起業。故郷からもSOKOAGE CAMPのような愛と勇気の循環する空気感を広めたいと願いスタッフに参画。

ひろたかさんフォント.png
 

​進みたい君へ

​参加者の声

集まる参加者は

学年も、大学もバラバラ。

得られる気づきも

みんな違う。

参加者の声を

聞いてみませんか?​

SPECIAL MOVIE

うめ白.png

​申し込み

 

概要

大学生を対象とした​5泊6日の合宿を主軸とした自己を見つめ変化を起こす対話型プログラム

開催場所

宮城県気仙沼市内

募集人数

各期10名程度

※先着順となります。定員になった場合はキャンセル待ちとなります。
また、申込及び参加費の入金をもって参加決定となりますのでご注意ください。

集合場所/時間

JR気仙沼駅 14時15分集合
 
大船渡線 一ノ関発12:45~気仙沼着14:09(2018年11月20日現在)
※東京駅から新幹線を利用し約4時間。

池袋から夜行バス運行もあります。

​​解散場所/時間

JR気仙沼駅 16時前後

持ち物

着替え(現地で洗濯可能)筆記用具・他
※詳細は事前研修の際にお伝えします。

スケジュール

​1. 募集開始

2019年12月1日(日)

本サイトの申し込みフォームより申し込みを行ってください

​2. 事前説明会

CAMPの実施内容について説明会を開催しています。

​※希望者には個別オンライン説明会も実施します。希望日時を記入の上お問い合わせからご連絡ください。

​3. 募集締め切り

締め切り2020年1月31日(金)

​4. 事前研修

各期参加者向け事前研修をオンラインにて実施します。

※日程は各期参加者にお伝えします。
動画配信を行いますので、日程が合わない場合は視聴の上参加してください。

​5. 合宿

17期  2月9日(日)〜2月14日(金)
18期  2月16日(日)〜2月21日(金)

19期  2月24日(月)〜2月29日(土)

20期  3月9日(月)〜3月14日(土)

​6. 事後研修+1年間のフォローアップ

参加後、1年間のフォローアップを実施します。(実施内容は参加次にお伝えします)
その他、参加者交流会を開催予定です。

料金

55,000円 (税込)

料金に含まれるもの

プログラム費

滞在費

※集合場所までの交通費、解散場所からの交通費は含まれません。
※滞在中の食費は別途必要です。(約6,000円/週)

 

キャンセルポリシー【重要】

・入金前キャンセル

⇒料金は発生しません

・参加費入金後、キャンプ開催7日前まで⇒50%の返金

・参加費入金後、キャンプ開催6日前から当日までのキャンセル

⇒返金できません


※注意※
申し込みフォーム送信後1週間以内に振込が確認されない場合、自動的にキャンセルになりますのでご注意ください。
入金後はキャンセル料が発生しますので、キャンセルポリシーをよくご確認下さい。